与謝野晶子・与謝野寛(鉄幹)作品年表晶子肖像

西暦 年号 与謝野晶子作品 与謝野寛(鉄幹)共著・その他の関連事項 与謝野寛(鉄幹)作品
1873 明治 6     京都市郊外岡崎村願成寺に生まれる
1878 明治11 晶子生家
堺市甲斐町、菓子商駿河屋に生まれる
   
1889 明治22     「山口県積善会雑誌」の編集に携わる
1892 明治25     文学雑誌「鳳雛」創刊(1号のみ)
1894 明治27     「亡者の音」歌論を二六新聞に連載
1896 明治29     「東西南北」詩歌集
1897 明治30     「天地玄黄」詩歌集
1899 明治32   東京新詩社創設  
1890 明治33   文学美術雑誌「明星」が全国的に若者の支持を得、 浪漫主義の思潮が確立 新詩社機関誌「明星」創刊(明治41年百号で終刊)
1901 明治34 「みだれ髪」歌集 与謝野寛 ・ 鳳晶子結婚 「鉄幹子」詩歌文集 ・ 「紫」詩歌集
1902 明治35   長男 光 誕生 「新派和歌大要」歌論書 ・ 「うもれ木」詩歌文集
(明治38年以降鉄幹の号を廃する)
1904 明治37 「小扇」歌集
「君死にたまふこと勿れ」詩 君死にたまうことなかれ
共著「毒草」詩歌文集
二男 秀 誕生
 
1905 明治38 「恋衣」合同詩歌集    
1906 明治39 「舞姫」歌集
「夢之華」歌集夢の草
   
1907 明治40 「金魚のお使」童話 長女 八峰 ・ 二女 七瀬 誕生 「五足の靴」旅行記録
1899 明治41 「絵本お伽噺」
「常夏」歌集
   
1909 明治42 「佐保姫」歌集 三男 麟 誕生
自宅で寛・「万葉集」、晶子・「源氏物語」の
有料での講義を始める
新詩社月報「トキハギ」創刊(同年7号まで)
1910 明治43 「おとぎばなし少年少女」 三女 佐保子 誕生 「相聞」歌集・「槲之葉」詩歌集
1911 明治44 「春泥集」歌集
「一隅より」評論感想集
四女 宇智子 誕生  
1912 明治45 「青海波」歌集
「新訳源氏物語」刊行開始(全四巻)
「雲のいろいろ」小説集
44年、晶子の歌の百首屏風・半切幅物の頒布で寛の渡欧が実現。
45年、晶子も渡欧。イギリス・ベルギー・ドイツ・オーストリア・オランダを歴訪し、
美意識や価値観の日本との違いを発見

渡欧
 
1913 大正 2 「明るみへ」連載小説 四男 アウギュスト誕生  
1914 大正 3 「夏より秋へ」詩歌集
「八つの夜」童話集
「新訳栄華物語」上・中(全三巻)
共著「巴里より」紀行文集 「リラの花」訳詩集
1915 大正 4 「さくら草」詩歌集
「与謝野晶子集」自選歌集
「雑記帳」評論感想集
「うねうね川」童話集
「歌の作りやう」歌論
共著「和泉式部歌集」評釈
五女 エレンヌ誕生
第12衆議院選挙に立候補
「灰の音」自選歌集・「鴉と雨」詩歌集
1916 大正 5 「朱葉集」歌集
「人及び女として」評論感想集
「舞ごろも」歌集
「新訳紫式部日記・新訳和泉式部日記」
「新訳徒然草」
五男 健 誕生  
1917 大正 6 「我等何を求むるか」評論感想集
「晶子新集」歌集
「愛、理性及び勇気」評論感想集
六男 寸 誕生(生後二日で死亡) 「平出修遺稿」を編集
1918 大正 7 「明星抄」自作二百首木版刷
「若き友へ」評論感想集
小林天眠が文士の立場を守るため理想の出版社をめざした天佑社を設立、
鉄幹・晶子ともに顧問となる
 
1919 大正 8 「心頭雑草」評論感想集
「行つて参ります」童話集
「火の鳥」歌集 火の鳥
「激動の中を行く」評論感想集
「晶子歌話」歌論
「晶子短歌全集」刊行開始(全三巻)
六女 藤子 誕生 慶應義塾大学文学部教授に就任
1920 大正 9 「女人創造」評論感想集    
1921 大正10 「太陽と薔薇」歌集
「人間礼拝」評論感想集
芸術重視・自由教育をめざす西村伊作の文化学院設立に寛・晶子・石井柏亭が参加、
学監に就任
第二次「明星」創刊(昭和2年まで)
1922 大正11 「源氏物語礼讃」五四首を「明星」に発表
「草の夢」歌集
  「日本語源考」を「明星」に発表
鴎外全集刊行会の編集主任になる
1923 大正12 「晶子恋歌抄」自選歌集
「愛の創作」評論感想集
(関東大震災で「源氏物語」の評釈原稿数千枚を焼失)
   
1924 大正13 「流星の道」歌集    
1925 大正14 「瑠璃光」歌集
「砂に書く」評論感想集
「人間往来」自選歌集
「藤太郎の旅」童話
晶子生家
寛・晶子、正宗敦夫共編の「日本古典全集」刊行始まる  
1927 昭和 2 「和泉式部全集」
(日本古典全集に伝記・解題を発表)
井荻村字荻窪に家を新築、遥青書屋・采花荘と命名  
1928 昭和 3 「心の遠景」歌集
「光る雲」評論感想集
満鉄本社の招きで満蒙を旅行。
大連・金州・営口・遼陽・安東・奉天・チチハル・ハルピンをまわる
この頃から旅行詠が多くなる
 
1929 昭和 4 「晶子詩編全集」
「女子作文新講」一〜三巻
茶室“冬柏亭”を門弟から送られる
茶室「冬柏亭」
共著「霧島の歌」歌集
 
1930 昭和 5   共著「満蒙遊記」歌文集 明星の後継誌「冬柏」創刊(25年まで)
1931 昭和 6 「街頭に送る」評論感想集
中国語訳「与謝野晶子論文集」上海刊
  「日本語源考」続稿を「冬柏」に発表
1933 昭和 8 「与謝野晶子全集」改造社版(翌年全十三巻)   「梅花集」(寛の60歳の祝賀歌集)
「与謝野鉄幹短歌全集」
1934 昭和 9 「優勝者となれ」評論感想集   「梅花集」(寛の60歳の祝賀歌集)
「与謝野鉄幹短歌全集」
1935 昭和10     3月26日肺炎のため死去。文化学院葬で多磨墓地に葬られる
「与謝野寛遺稿歌集」
「注釈与謝野寛全集」を「冬柏」に連載
1937 昭和12 「新万葉集」撰者となり、五十首入集
   
1938 昭和13 「現代語訳平安朝女流日記」
「新新訳源氏物語」(翌年に全六巻)
   
1941 昭和16     「采花集」詩歌集
1942 昭和17 (5月29日死去、法名、白桜院鳳翔晶耀大姉 多磨墓地に埋葬)
「白桜集」遺歌集(平野萬里編)