与謝野晶子をとりまく人々

第2回 〜5月の風は雛罌粟色<1>〜
         ゴガツノカゼハコクリコイロ

エッファル塔の絵

 

「与謝野晶子の百首かるた」より

かるた
よみ札
かるた
とり札
ああ皐月仏蘭西の野は火の色す君の雛罌粟われも雛罌粟 晶子
(アアサツキ、フランスノノハ、ヒノイロス、キミモコクリコ、ワレモコクリコ)
歌集『夏より秋へ』

 

■1912年(明治45年)5月5日日本を出発した与謝野晶子(34歳)は、5月19日、パリ北駅に到着した。 駅には、前年の11月、ひと足さきに渡欧した夫の寛が晶子を迎えてくれた。わずか半年ばかりの別離 ではあったが、夫を見送り、寛の居ない東京の家で淋しさをかこち、晶子は下記のように歌詠している。

 

「与謝野晶子の百首かるた」より

かるた
よみ札

君こひし寝てもさめてもくろ髪を梳きても筆の柄をながめても 晶子
歌集『青海波』

 

愛しい夫に再会した晶子の心は、喜びで胸が張りさける思いであったであろう。ときは5月、フランス の田園はコクリコの花で埋められていた。コクリコとは、ひなげし(ポピー)のことだ。


■寛との合著『巴里より』(大正2年5月金尾文淵堂刊)によれば、晶子は<窓掛の間から野生の雛芥 子の燃える様な緋の色が見える>と記述し、<寛ははく麦と葡萄で青白んだ平野の面に赤と、紫の美しい 線を彩どるのは、野生の雛罌粟(コクリコ)と矢車草とが、総ての畦路と路傍とを埋めて居るのである>と書いている。

  渡航以前より、寛はフランス語を学んでいた。晶子は<ひなげし>と日本名でいっているのに対し、さす が、寛はフランス風に<コクリコ>と同じ花でもいい方が違うのがおもしろい。
  帰国して巴里の感想を歌 にしたとき、晶子はフランス風に<雛罌粟>を用い、異国的な花のイメージを、私たちに大きくアピール した。(筆者の少女時代に見たレンゲ畑は、赤いじゅうたんを敷いたようだった)

 晶子のいう<窓掛の間>とは、明治45年5月、夫の跡を追い巴里におもむくとき、船旅は高価なので 、渡欧費節約のため福井県敦賀港からウラジオストック港に渡り、シベリア鉄道で巴里に行く が、その旅の終わりに近づいたとき、緯度の高いシベリヤ平原は5月といえども、まだまだ冬景色だった。窓掛の間からのぞくとフランスの田園の、燃えるように、まっ赤な雛罌粟 の花が目に飛びこんだのが衝撃的だったのだろう。そのカルチャーショックを歌人晶子は、日本の 文学、31文字の短歌で表現した。


 晶子短歌が私たちを魅了するのは、語彙の豊富さで綴られた、暗喩(メタフォア)直喩(シミリ)、 比喩の絶妙さであろう。巴里の印象は、歌集『夏より秋へ』に収載している。

 

「与謝野晶子の百首かるた」より

かるた
よみ札
かるた
とり札
与謝野晶子の百首かるた 歌集『夏より秋へ』
三千里わが恋人のかたはらに柳の絮の散る日に来る 晶子
(サンゼンリ、ワガコイビトノ、カタハラニ、ヤナギノワタノ、チルヒニキタル)
歌集『夏より秋へ』

 

 彼女がパリに着いた日(5月19日)は春の盛りで、シャンゼリゼエ通りには柳の絮が散っていた。
 私ごとになるが、平成10年4月18日に京都市内を散策した。 その折、祇園白川ほとりの柳並木は風に吹かれて絮が飛んでいた、私は晶子の上記パリの歌を想定し、日本と巴里の緯度の差を認識した。

 

与謝野晶子の百首かるた

かるた
よみ札
かるた
とり札
物売にわれもならまし初夏のシヤンゼリゼエの青き木のもと 晶子
(モノウリニ、ワレモナラマシ、ハツナツノ、シャンゼリゼエノ、アオキコノモト)
歌集『夏より秋へ』

 

 都会の雑踏を離れて静かな山村を訪れたときや、二度と行けないだろう外国の美しい街を 旅行したとき「誰もがこんなところに1日でも住んでみたい」とねがう。
  晶子も<私は花売りになり、巴里の町で暮らそう>と歌っている。私が感心するのは…なんとなく住みた い…と思うだけでなく、彼女は現実に生活費まで考えているところ。職業は女らしく、花売り娘を選んだ。。


 1912年5月に渡佛。その7月に明治天皇が崩御され、年号は大正元年となった。 巴里にも悲報が届く。明治時代、歌壇のリード的立場だった夫妻の心は重い。彼らは巴里を離れ、イギ リス・ベルギー・オランダに遊ぶ。晶子は、日本で留守番をしている7人の子供たちのことが気がかりで、ノイローゼ状になる。
  巴里の街角に群れている鳩さえも、可愛い子供の顔に見える。夫が慰さめても「日本へ帰りたい」とい ちずに思いつめる晶子だった。在佛中の近江医師の診察で、晶子の妊娠がわかる。
  「日本で出産する方が安全」とす すめられ、安定期の11月に巴里マルセーユ港から、夫に先だち、またひとりで晶子は日本へ向かう。もう夫 のことよりも、子供たちに会える喜びが、彼女の心中を占有していた…。

 

コクリコの花

淡路花博(ジャパンフローラ2000)会場に
咲いていた雛罌粟の花 (筆者・撮影 5/18)

 


〜5月の風は雛罌粟色<2>〜

<< 前のコラムを読む [ 一覧へ戻る ] 次のコラムを読む >>

[ ページトップへ戻る ]

※ 各コンテンツのURLは整理のために変更になることがあります。
  ブックマークはトップページにお願い致します。
※ サイト内コンテンツの無断転載はご遠慮下さい。

ホウユウ株式会社
〒590-0982 大阪府堺市堺区海山町1-8-4
TEL 072-227-8231 / FAX 072-224-1466